***空の未来*** 《ごあいさつ》

こんにちは☆シルバード☆です(。・ω・。)ノ
大学4年(経営学部)
就活苦戦中の息抜き日記です

カッコいい大人になれるよう努力中
長く続けられるってカッコいいですよね
というわけで、リベンジがんばります!(09.8.4)

★内容★
1・遊び
2・人生観
3・就活
4・料理
★追加予定★
・未定




普通に趣味ブログですw
興味あるネタがあったら絡んで下さい(o`・ω-)b
       
  ← ☆応援よろしくお願いします☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守・破・離

ふと思いついたのでメモメモ


『守破離』
という言葉があります


よく言われるのは
-----------------------------------------------------

守=まずは決められた通りの動き、つまり形を忠実に守り、

破=守で学んだ基本に自分なりの応用を加え、

離=形に囚われない自由な境地に至るというものである。

(wikipediaより抜粋)
-----------------------------------------------------
というものです

こんなの意識したことありますか?
これが意外と使えるな~って話です


どういうところで使えるかというと
『成長したい』
ときですね

スポーツでも勉強でもOKです
人生の生き方や、恋愛も・・・いけるかな?


とにかく必要なものは
「教科書」
ですね
自分に合う「教科書」が見つかれば
生き方でも恋愛でもOKです



では、使えるな~と思った方法を紹介します


『守破離』は
1、守って
2、オリジナリティを混ぜて
3、オリジナルを作っていく

の3段階です



最重要ポイントは
『守』
です


言い換えるなら
『基礎』!!!

と言われるとピンッと来ませんか?



では問題です
「味噌汁を作ってください
だしも1からとること
材料は買いに行ってください」


分からない人も多いんじゃないでしょうか


どうしても作らなきゃいけないとしたら
どうしますか?

知らないなら調べなきゃいけませんよね



味噌汁がどんなものかは分かるとして

具って何が入ってるでしょうか?
だしのとり方は?
味噌の種類は?
作る手順は?
美味しく作るには?
安い店はどこ?


さっきから「?」がいっぱい出てきていますね

でもこれ、
実際に作ってる人には
そんなに難しいことじゃありません

たぶんお婆ちゃんとか
一瞬で作っちゃうでしょうね



さて、
ばっちりレシピを調べて
材料をそろえても
次の難関が待ち受けています


ねぎを均等に切れない
火加減の「中火」が分からない
味噌は量りで量らないといけない
などなど


「別に適当でいいじゃないかっ」
って思うかもしれませんが
美味しいものを作るのには必要なこと


火の通り具合が変わる
レシピ通りの時間や味にならない
いちいち量っていたら時間がかかる
などなど


それを乗り越えて
ようやく味噌汁が完成するのです



そうこうしてる間にお婆ちゃんなら
美味しい味噌汁に
ごはんと焼き魚
付け合せなんかも作っちゃいそうです



レベルが違いますよね

そう、

知らない皆さんはレベル「守」
お婆ちゃんはレベル「離」

なんです


そういう意味では、
お母さんは「破」ぐらいかもしれませんね
それは置いといて~



ここから言えるのは、
全てのことに対して
人は初心者であり
レベル「守」だってことです



何かを成し遂げたい!
こんなアイデアを実現したい!
海賊王にオレはなる!


何を想ってもいいです
夢を持つのは大いに結構


でも大半の人間は
「偶然その分野が得意」
なんてことはありません
腕だって伸びません

夢がでかくても凡人なんです


だからこそ
誰かに教えてもらわなきゃいけなくて(守)
それにアレンジを加えて(破)
最高のレベルに持っていく(離)

こうして夢は叶うんじゃないでしょうか


基礎を疎かにするから悪い!
とは言いませんが

今の現状に
壁を感じる
上手くいかない
もっと上を目指したい

と思うなら、
一度「守」を意識してみてはいかがでしょうか

追記

ある本の内容になってしまうのですが
かなり共感できたので
追記で書きます


「細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!」
小学館 ¥1200+税

という本で
第4回のところに
「学力の余裕」という言葉が出てきます


小学校では「算数」
中高大では「数学」

この違いわかりますか?


意味は知りませんが、
「算数」は「数学」のための『守』なんです


数学では訳分からない公式がいっぱい出てきます
私も大っ嫌いです

でもテストがあるから
公式って覚えますよね?


その本番に
暗記したはずの公式が
使い切れなかったことありませんか?

これが「学力の余裕」の無さだって言うんです



例えば、
2桁×2桁の計算までが「算数」の範囲です

九九は丸暗記しているので解けますが
繰り上がりがあるので
めちゃくちゃメンドくさいです

みんな頭から煙出しながら頑張りますよね


そんな頭で中学になって
急に
「4桁×4桁」
なんか出てきたら
ゲゲーッてなりませんか?


そこでなんとか頑張って
4桁×4桁を続けていると
「2桁×2桁」って
いつの間にか楽チンになってるんです
あれだけヒィヒィ言ってたのに


これを「学力の余裕」と呼ぶらしいです


新しい公式が出てきても

「2桁×2桁」が楽々解ける
昔の公式が自然と思い浮かぶ
とか
そのくらい鍛えておけば
全く苦にならないってわけです


掛け算も3×5だったら
3+3+3+3+3で解けるわけですが
「さんごじゅうご」って暗記しているだけで
すごく手間が省けるってわけなんです



私が数学大っ嫌いなのも
よく分かりました

反復大っ嫌いでしたから・・・



小学校で詰め込み教育は良くない
という意見がありますが
こう考えると
頭の柔らかい小学生の間ぐらいは
いろいろ詰め込んでも良い気がしますね

comment

Secret

No title

読み応えのある記事でした!

基礎のなっていない土地に家は立ちませんよね。
家を立てるにしても、柱を何本かごまかすと・・・

姉歯!

No title

基礎固め…
僕は若干苦手です

まぁ、基礎も固められないので発展も中途半端なんですが、なにかに興味を持っても基礎をあいまいにして発展を目指すため、やっぱり長く続かないってことが多々あります

やっぱり基礎って大事ですよね
なにかあのいつまでもいつまでも発展しない感じが嫌いですぐに飽きるんですがそれじゃ結局発展しないんだよな~と思えました

Re: No title

>りばてぃさん

ありがとうございます♪
数ヶ月に1度の
筆(キーボード)が走る日だったみたいです

ほんと何も「守」ってない人でしたもんね><

Re: No title

>マロンさん

基礎をあいまいにして発展を目指す
ってところにすごく共感しますよ

元々・・・ってか今でもわたしは
そんな性格なので^^;

この手のタイプはきっと
「これだっ!」ってものを見つけたときに
色んな経験も生かせる
クリエイティブプレイヤーになれるって
信じてますけどねw
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバード☆

Author:☆シルバード☆
大学4年で25歳
スイマー復活修行中

就活しながら気付いた事を
メモする習慣をつけるために
ブログ始めました。

少しでもためになるものが書ければな~って思います┌○"ペコ

友だちブロガーさんリンク
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
☆Click募金☆
読書記録
☆シルバード☆さんの読書メーター ☆シルバード☆の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。