***空の未来*** 《ごあいさつ》

こんにちは☆シルバード☆です(。・ω・。)ノ
大学4年(経営学部)
就活苦戦中の息抜き日記です

カッコいい大人になれるよう努力中
長く続けられるってカッコいいですよね
というわけで、リベンジがんばります!(09.8.4)

★内容★
1・遊び
2・人生観
3・就活
4・料理
★追加予定★
・未定




普通に趣味ブログですw
興味あるネタがあったら絡んで下さい(o`・ω-)b
       
  ← ☆応援よろしくお願いします☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐお正月!

今年は皆さんありがとうございました。

新しい試みとして始めたブログでしたが、
意外と文章を書くって難しくて、
コメント貰えるのがこんなに嬉しいものだって初めて知りました。

来年も続けていきたいと思いますので、
またよろしくお願いします┏○ペコッ

では、バイトの休憩が終わりそうなのでこれにて…

皆さん良いお年を☆
スポンサーサイト

行動してる?

日々どれだけ考えているかは重要です。

でもそれ以上に、
どれだけ「行動したか」も重要です。

今日1日で、
どれだけ行動したか書いてみると良いです。

起→朝昼メシ→マンガ・ワンピース(CP9)読む→

京都に移動→妹を四条まで送り下宿へ→15分睡眠→

バイト先へ→客が少なくバイト時間短縮で時間つぶし→

コンビニ・本屋・ゲーム屋徘徊→バイト→

ネット→ブログ…

この中でこれから目指す「目標のための行動」がいくつあるんだろう?

何となく煮え切らない1日をすごしたと思った日は、

「目標のための行動」がゼロの日だったりするのかもしれない。

今日はゼロなのかもorz

でもワンピースの「自分の貫き方」の描き方はかっこいいね♪

熱くなるのって悪くない……ってか羨ましい気がするなぁ(´ω`)

ムリするな、頑張れ

ムリはするな

ムリして頑張っても得られるのは失敗だけなんだから。

でも信じてるものがあるなら、頑張れ

頑張れるってことはゴールが見えていて「やれる」と思うからだ。

ムリすれば成功しても失敗しても、
なんであの時にあんなことしたんだって
後悔が残る。
ムリ=無理=理が無い・・・道理から外れている、
つまり不自然で、それを維持するのにも力を使う状態。

頑張れば成功しても失敗しても、
あのとき頑張っておいて良かったって
言える日が必ずくる。
頑張る=頑なに張る・・・自分が思ったことを貫き通す、
つまり否定されても、自分の信じる道を進むってこと。


ムリをするのと、頑張るの違いは「心」だと思う。

言われた事をただやる。
イヤなことを続ける。

でも、
そこにゴールを見出していけるなら、
その結果を信じられるなら、
それは「ムリ」から「頑張り」に変わるんじゃないだろうか。


今ムリだって思ってることがあるなら止めておけばいい。
そこに光を見つけたなら、
そのときに頑張ってみればいいんだから。



ウツな人に「頑張れ」って言っちゃいけないのは、
未来が真っ暗だって思ってしまった人に
それを信じて進めって言ってるようなものだからなのかもしれませんね。

タイトルなし

24日ですねー

別に寂しくないしっ!!

ところで、

サンタクロースっていますよね。

これって、
「サンタクロース=セント・クロス(聖なる十字)」

とかって説はあるんでしょうか?

電車のPSPの広告がサンタさんで、
ヒゲに憧れてたときに思いついたり…

寂しくなんかないんですって(T_T)

坂本竜馬の時代と現在

友達の薦め…って言っても1年ぐらい前からですが、

「燃えよ剣」

を読んでいます。

それ新撰組やんって突っ込んだ人はマニアですね(´∀`)アハハ

実はその前から「竜馬がゆく」を読んでいて、
4巻?まで読んだのですが、全8巻。
新撰組の「燃えよ剣」は同じ時代ですが3巻なので、
先に新撰組に移ったわけです。

(ファンの方には怒られそうですが…友人には呆れられました(笑)

この時代、みんなカッコいいですよね。

ふと思ったのが、この時代は、

「鎖国」からの転換

でした。

文明開化…文明をオープンにさせ、進んだ技術を取り入れることに特化した時代。

そこで必要になるスキルは、

新しいものを受け入れ、
それを理解することに集中し、
日本流に応用することでした。

では、今の日本はというと、

技術では最先端を行き、
尽くしてくれる社員の努力によって、
世界の工業の中でもかなり上位にまで登りました。

一方、
政治ではイマイチ印象が薄く、
独自路線と言うよりは、
同調することに撤しているようにも見えます。

雰囲気として日本は、
学ぶ姿勢は素晴らしいものがあると思います。

しかし、

新しい価値観や考えを多くの人に伝える技術、
自分を表現する技術、

みたいなものが国レベルで低いと感じます。

NEET問題も、結局は「自分が何を何のためにしたいか」が分からないから起きる問題だと思うのですが…

募金してる先から来た会員誌の記事で、

大学の問題点は、
学生が「生徒」として授業に望み、
教員が「先生」として振る舞っているところ
を挙げていました。

高校までは知識を得るために学ぶ「生徒」でいいが、
大学では、自分で考え、自分を知るために学ぶ「学生」でなければならない。

大ホールの授業では、教員が高い台の上に立ち、
「教える側、教わる側」
に分かれているせいで、
余計に学生も受け身になってしまう。

テストも正誤が1つしかないものが多く、
考えなくても暗記ですんでしまう。

これでは大学でも高校までと同様に「知識をえるため」の場所になり、
「知恵を鍛える場」がない。

と、ありました。

社会人で求められるのは、「知恵によって考え、生み出す作業」なのに、
仕事を与えられるまで待ち、それをこなすだけの、
学生優秀社会人が苦労するのはこのためなんでしょうね。

独自路線から一気に学ぶ姿勢に変わった日本は、
次にまた自分で考える方にもバランスを取らないと、昔とは反対側に転んでしまうのではないでしょうか。

社会に出ていない人間なので、イメージでしかないですが、
そんな気がした久々のお休みDAYでしたー

ってかクリスマスイブに暇って………(泣

世界の下に立つ!!

はい、久々に単なる¢(. .。)メモメモです。



よく「世界の頂点に立つ」とか言いますよね。

みんなをぐいぐい引っ張っていくような、リーダーシップがとれるすごい人のイメージです。

表舞台に立って派手に活躍するのも憧れますが、

どうも私は裏舞台で大活躍することを望んでいる気がしました。

これも就活や自己分析のお陰なのかな~




ってわけで、「世界の下に立つ男」を目指して頑張りたいです(* ̄m ̄)ププッ

笑ってますが、さっき本気でそう思ってたりしました(笑




でも、こんなの面接でアピールしにくいなぁ^^;

久々にPCから♪

ちょっと間大阪の実家に帰っていましたヾ(;´▽`A``
大阪で就活イベント多いんですよね~
たまには京都でもやってほしいもんだ.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン

ってわけで、今回は(も?)文章表現法という授業の課題
「短編小説」です。

ちょっと長めなんですが、感想などいただけたら~なんてねw
競泳やったことない人にはやっぱり伝わらないんだろうか・・・


****************************************************************



黒いボードに次々と橙色の線が表示される。

応援している観客にとっては「期待・楽しみ」であり、
水を切り、顔を上げだ選手にとっては「実力・現実」であるデジタル数字。

蛍光色で表示された無機質なその数字は、様々なドラマを生み出してきた。



「30.00」



ボードに表示されていたのは、30秒ジャスト。

(くそっ!!)

思いっきり水を殴ってからプールサイドに上がった。




もう30秒00というタイムは2回目だった。
12歳の朋也が全国大会に出るためにはあと0.01秒、
29秒99が制限タイムとなっている。
わずか0.01秒の差しかない30秒の壁はとても分厚く、多くの者が阻まれてきた。



「朋也―っ!」
着替え終わり、ブルーシートで陣取った控え場所に戻ると、
よぼよぼの幸村コーチと同期の渚が座っていて手を振っていた。



「朋也おつかれさま。ほんと惜しかったね。でも、決勝も残ってるし、まだチャンスはあるよっ!」
「・・・おう。」
「ふぉふぉふぉ、応援してくれるもんがいるってのはいいことじゃな。
チャンスはもう一度だけ残っておる。しっかりストレッチをして体を冷やさんようにな。」
「わかってる。」
「あと、心はクールダウンしておけよ。」



そう言い残して、幸村コーチは決勝のコース順を確認しに行った。



「心のくーるだうん?」

渚はかなりバカだが、実力はある。
今回の大会でもダントツで決勝に残っていて、かなり前の大会で全国出場が決まっていた。
渚の泳ぎにはどこか余裕があり、それでいて力強く、体のわりにとても大きな泳ぎに見えるのだ。

反面、朋也の泳ぎは常に全力で余裕がなく、ただガムシャラに腕を振り回しているだけだった。




「でもさー、朋也ってスタートの反応いいよね。絶対に一番に飛び出すもん。」
「オレがスタートで負けたらどこで勝つんだよ。」
「クイックターン。練習で楽するためにスタートとターン極めたって言ってたし。」
笑いながら渚はストレッチを手伝ってくれる。




朋也は練習が苦手で、いつも最後の1本しか頑張らない。
その1本は絶対に速いのだが、それまでの練習は怒られない程度に頑張っている。
そこでもっと楽できるように、スタートとターンを常に意識しているのだ。
お陰で試合でもスタートとターンは朋也の武器となっていた。



「今のうちにちゃんと食べておいてね。ほら、シャケ。」


好物のおにぎりを渡されて、気がゆるみ、そして不安が襲った。


「……あと1回しかチャンスがねぇ。」



今日で全国大会までの公式戦は最後だ。決勝で30秒を割れななかったら、もうチャンスはない。



「だいじょうぶだよ!あんなに練習してきたんだし、絶対行けるよ!!」
「……。」
「私、何回でも応援してるから、ね?」
「もう次で最後なんだよ!!!」



おにぎりを叩きつけて、飛び出してしまった。なぜか無性にイライラする。
試合に集中するために、いつものように飛び込み台の真横から試合を眺めた。
あのまま渚と一緒にいたら、絶対キズつけてしまう。

「お前は全国のキップを手に入れてるんだからいいよな!」

そう言ってしまいそうだった。
渚は悪くないし、もし逆の立場だったら、そんなこと絶対に言うヤツじゃない。
オレは本当に……




「オレは本当に弱いやつだ。とか思いふけってるのか?」

ふぉふぉふぉ、と柔らかい口調が後ろから聞こえてきた。



『よぉーい』
期待と緊張の入り混じった一瞬の静寂が訪れ、

『ピッ』
電子音のあと、水しぶきと共に騒がしさが戻ってくる。



「このレースで勝つのは5コースじゃろ。」
「たぶん。」



試合はスタート台に立つ前から始まっている。
それは何度か見ているうちに分かるようになった。

同じ組で泳ぐ人のタイムは拮抗しているため、雰囲気で誰が勝つのかわかるのだ。
スタート台の真横から見るのが好きになったのは、
飛び出しが一番でも勝てない、それ以外の何かが分かる気がしたからだった。



「朋也よ、お前さんはコース台に上がったとき、どこを見ておる?」
「どこって……。」
「足元じゃろ。」

自分がスタート台に立つところをイメージすると、確かに上がってすぐ、
コース台の一番前、足を引っ掛けるところを見ていた。

「5コースの選手はどこを見ておった?」
「そんなの、ゴーグルしてるから分からない。」
「ふぉっふぉっ、でも気付いとるはずじゃ。勝負に勝っているヤツはなぁ、前を見とる。
渚がそうじゃろ?」

そう、渚はコース台に上がってもすぐに構えない。
「よーい」で構えるその瞬間まで、渚はずっと前を向いていた。でも……




「そんなの関係ないだろ。下見てるヤツだって勝つヤツは勝つし。」
「これから戦う場所も見据えられんヤツが、どうやって己に勝つんじゃ?
競泳は隣のヤツに勝っても仕方がない。
スタート、泳ぎ、ターン、タッチ。これで自分と競うのが競泳じゃぞ。
1位になったところで、そこで自分に満足したら終わりなんじゃ。」




最後の追い込みにきて、5コースが一気に突き放した。
種目は違うが、渚のようにどこか余裕があり力強く大きな泳ぎだった。



「お前さんの勝負はいつもスタートで終わっておる。
だからスタートでは負けたことはなかろう?
じゃが、ゴールはタッチするまでじゃ。スタートもタッチするまでの1つに過ぎんのじゃよ。
次、もう誰がなぜ勝つかわかるな?」
「うん、4コースだ。」

ふぉふぉふぉ、と幸村コーチは優しい目でこっちを見ながらこう言った。



「あんな風に勝負できるヤツってのは、いつも誰かに支えてもらったりしてるもんだがなぁ。」



ふいに、渚を思い出した。あいつはライバルだ。練習では絶対に負けたくない相手。
でもいつも励ましてくれて、応援してくれている。
そしてオレも心から応援している。



(そっか、オレは渚と全国に行きたいんだ。)



ブルーシートに戻ると、叩きつけたはずのおにぎりが形を整えられて置いてあった。




ドッ、ドッ、ドッ



召集席に呼ばれて、自分の組がスタートするまで3~4組の余裕がある。
いつも他の組のスタートを見ながらタイミングを計っておいて、
絶対に1番でスタートを切ることに集中していた。
そしてゴールは意識したことがなかった。
スタートで負けたら終わりだと、いつも思っていた。




ドッドッドッドッドッドッ




練習、手は抜いてるといっても他のヤツには負けている気がしない。
その上で最後の1本の集中力では誰にも負けない自信がある。
最後の1本で飛ばすためには、もう疲れているからムダな力を入れてはいけないし、
しっかり水を掴めないといけない。
そのときの泳ぎはとても綺麗だと言われたことがあった。




ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド




スタート台の前に立つ。
「朋也ー!がんばれーっ!」渚が手を振りながら応援してくれていた。幸村コーチも見ている。
アナウンスで名前が呼ばれ、一礼する。
なぜか渚や幸村コーチに対して頭を下げた気がした。

そしてプールを、水を、ゴールを見た。
(プールってこんなに広かったっけ。)



『よぉーい』



観客は息をのみ、選手は泳ぎだけに集中するための、一瞬の静寂。



『ピッ』



黒いボードに橙色のデジタル数字が淡々と時を刻む。
その無機質な数字は、また新たなドラマを生み出していくのだった。


****************************************************************


小説家の名言に「小説は知っていることしか書けない」という言葉があるそうです。

それにならって、自分が一番親しんできた世界を書いてみました。

就活もこのぐらい熱く語れたら通るんでしょうね~(;-ω-) =3

タイトルなし

彼女が出来ないーなんて悩んでますが、

この前読んだ本にこんなことが書いてありました。

「キミは理想の彼女を欲しいと思っている。

まず、キミ自身は自分のことをまだ子供だと考えている。

だから、まだ自分を成長させたいと思っている。

今出会っている女性より、もっと素敵な女性と出会うかもしれないし、

今一人を選ぶと、責任が発生するし、多少の束縛は必ずあると考える。

今のままでは自分が理想の彼女と釣り合い、
落ち着きたいと思うまで長続きする彼女とは出会えないよ。」

だそうです。

たしかにまだまだ自由に遊んでいたいのかなぁ…

でもやっぱ心を許せる彼女は欲しいっす(´ω`)

そんなことより就活がんばれよ(T_T)

上手くなってきたかー?!

実は私、字を書くのはめちゃ苦手です。


そのため夏ぐらいから、エントリーシート対策に『ペン習字』を初めていました。


その初期の字がこちら↓↓↓


200812112340000.jpg



『  お  』

なんかだらしねぇ^^;




で、今日書いたのがこちら!!!


200812112341000.jpg


変わった・・・と言ってください。:゜(。ノω\。)゜・。


なんか『 ふ 』とか良くないですか?(笑




漢字限定かもしれないですが、
どこかで聞いた字の上手な書き方。

(ネットで見たんだけど・・・お気に入りに入ってなかった(´・ω・`)ショボーン・・・)


コツは

『横線は「右上がり」  縦線は「垂直」』



こんな感じです↓↓


200812112359000.jpg



ポイントは字の右下だけを、ググッと下まで書くことです。

すると字のバランスが取れるとか取れないとか・・・

ぜひやってみてくださいね~

(元ネタ分かる人教えてください┌○"ペコッ)

りそな銀行

今日は初めての個別企業の説明会に行ってきました!

トップバッターは<りそな銀行>。
続いて<パナソニック><富士フィルム><セブンイレブン>
……大手ばっかやんとか言わないでね(笑



さて、今日聞いてなるほどと思った話は、
就活の流れでした。


《12月》というのは就活の第一ピークだそうで、
企業の説明会では「雰囲気」や「働くことについてのイメージ」を
伝えるそうです。


定期試験がある1月をはさんで、《2月》からが最大のピーク!
企業は自社の良いところを全面に押し出し、本エントリーを稼ぎます。



《3月》には面接の数も増えていきますが、
ここで覚悟が必要になります。





イメージしてみてください。



さて、あなたは就活をしています。
周りの友人にはちらほら内定の話が聞こえてきます。



あなたはまだ1つも決まっていません。



さて、
3/20に、第二志望企業の二次面接が12時からあります。




ところが、第三志望の企業から電話があって、
「我々はあなたを高く評価しています。最終面接を3/20の12時から行いたいんですが、
本社まで来ていただけませんか?」
と電話がありました。




即答してください。




あなたは何と答えますか?
いや、答えられましたか?





一番多いのは……答えに詰まってしまうケースです。





しかし評価されるのは……即答ですよね?



実はここで人事の方は3通りの評価をするそうです。



もちろん即答でYESなら志望度○人物像○の◎。


では即答でNOの場合はどうかと言うと、志望度×人物像○となります。

こういう人には実は本当に評価されていたら、
もう一度チャンスを与えてくれることがあるそうです。

第一、第二志望に落ちてもラブコールがある可能性も……
(どこまで本当かわかりませんが)



そして、答えに詰まってしまった人……
もうわかりますね。
志望度×人物像×という烙印を押されてサヨナラみたいです。




この電話で詰まってしまう人の多くが、
「社員や会社の雰囲気」で第一志望や第二志望を決めているらしいです。


もちろんそういうのも大切ですが、それを主軸に考えてしまうと、
明確に第一、第二と分けられませんよね?



バッティングしたとき即断するために、
明確に分けられる判断基準を作りましょう!

ってかこんなシチュエーションにならないことを祈るばかりです(笑

やっと今日はゆっくりできました~ε-(´∇`*)ホッ

でも落ち着いてられないのが大学3回生。

昼飯の会話もやっぱり就活・・・

本格的にマズいんかなぁ~2010年卒・・・(´・ω・`)ショボーン・・・

なんか区切りいいのにね



明日の課題の下書きをココに¢(. .。)メモメモ


文章表現法・課題「自由」

『就活で気付くべきこと』


就職活動・・・すでに終えた方も、これから始める方もいると思います。
受験をした人しか受験の大変さがわからないように、
就活をした人しか就活の大変さはわかりません。



それ以上に、
受験をしたからといって、同じものが得られるわけではなく、
就活をしたからといって、同じものが得られるわけでもないです。
第一志望に内定が決まったり、それほど志望していないところに受かったり、
途中で挫折したり、留年してまた就活やりなおしたり・・・



それにどんなに時間をかけても、落ちるときは落ちるし、
どんなに手を抜いてても、受かるときは受かる。



「こんなに簡単に突破できたんだぜ~」



こういう自慢を聞くことがありますが、私にはまったく評価できません。
最短で負荷を少なくして結果を出すことはすごいと思いますが、
それに時間をかけ、悩み、苦労して出した結果の方が、
その人を成長させてくれるものだと思います。
簡単にクリアしてしまうということは、その人にとって簡単な問題設定をしただけで、
その時間その人は成長していないのと同じだと思います。



受験や就活で体験しておくべきこと。
それは自分の「出来る範囲」の少し外側を目指して、器を大きくすることだと思います。
器が大きくなれば、ちょっと雨や雪が降っても受け止めることが出来ます。
ちょっとの雨であふれてしまう器だと、いつも息苦しくて、自分を磨く余裕もありませんよね。



器を広げるのは大変です。
均一に広げないと割れやすいから、全部広げるのに時間も努力も必要です。
途中で挫折して、デコボコになった器をみてショックを受けることもあります。
そこで止めてしまうと、もう一度器を広げるのは一苦労です。



でも就活はみんなに平等に与えられた自分を広げるチャンスです。
学生から社会人になる入り口として、もう一度今の自分を見つめなおし、
デコボコを直して綺麗でしっかりした器を作り直すチャンスなんです。



チャンスを掴む人。
これは別に運がいい人って意味じゃなくて、
どんなに大変でも
「今行動すべきだっ」
と思ったときに動ける人だと思います。



すり抜けるチャンスを握り締めたとき、あなたの手には、
器をさらに大きくできる未来が掴まれているのではないでしょうか。

稲荷神社

20081207163700
最近いっそがしいー(xωx;)

就活でもないのに大阪と京都行ったり来たりしてます。

JRに乗り損ねたので、目の前の稲荷神社を撮影♪

やっぱ今日は観光客が多いですねー

そうそう、稲荷神社に来ることがあったら、お昼ご飯にぜひってお店があります。

<伏見庵>

カツ丼が美味しいお店です。

どちらかというと上品な味付けで、美味って感じです。

3個300円のいなり寿司は絶対オススメ!!

コンビニとは<何か>根本的に違いますよo(^∇^o)(o^∇^)o

コメント頂いてましたが携帯からの操作がわからず断念><

しばしお待ちを……

携帯からだけどちゃんと画像映ってるかな??

ワンコのphoto

にゃんこのブログを拝見して、
おもいっきり影響されました( *´艸`)フフフ


私はワンコ派ですので……ってかワンコしかウチにいないので、
たまにphotoでも載せていこうかな♪


やっぱこれ見ると実家帰りたくなるなぁ[壁]ω・`)チラリ…


P1000299.jpg


ちなみに今年の年末年始はバイトが入ってて帰れません ガ━━∑(´・ω・|||)━━ン

今日の空

200812041648000.jpg

綺麗な秋晴れでしたね~ε-(´∇`*)

秋は雲がいいですね。
モコモコしてるのが癒される・・・


****メモ******************************************

雲は人の流れに似ていると思う。

雲は大気の流れと水蒸気の集まり具合でできている。

1箇所にモクモクと集まったり、
小さく1つだけふわふわ浮いてたり

人は何かあると、みんなが集まるところへ集まる。
入道雲のように。

でもそんなに騒ぐ事がないときは
それぞれ好きなグループにわかれて
ひつじ雲のように浮かんでいる。

今回のサブプライム問題からの不景気のように、
突然の突風でちりぢりになってしまうこともあれば、
そんなこと我関せずな感じで、もっと高いところでゆったり飛んでいる雲もいる。


「大局観」って言葉があって、目に見えるその範囲だけに集中せず、
その全体を見渡す感性のようなものがある。

どこに山があって、
北極やシベリアから冷たい風が来ていて、
太平洋ではどんどん雲がつくられていて・・・

人の動きも、そんなに単純じゃないけど、
なんか雲の動きに似てるんじゃないかなぁ

視点

1つの視点で考えると、
自分は<正義>で、
反対は<悪>になる

2つの視点で考えると、
<自分寄りの意見>
<相手寄りの考え方>
になって

空から見下ろすように考えてみると、
自分自身も
<広い世界の1つの点>
になる

<広い世界>で自分がどこにいるのか知るのも必要だけど、

今の時代って<自分の正義>ももっと意識していいんじゃないかなー

11/28のメモ

はじめに

(。・ω・。)ノやぁ

はじめまして。

☆シルバード☆です。

今DS「クロノトリガー」にはまってるから、こんなIDです。



このブログの内容は、

①就活が始まったので、その体験記も兼ねてメモ
②思いつきをメモ
③思いついてなくてもメモ

です。


実質3浪で大学も良いとこじゃないけど、そういう人生にだっていつか芽が出るはずっ!
もう3回生だし就職も気合ヾ(・∀・。)ノダ-!!


ってゲームなんかしてんなよって突っ込んだあなたは関西人だ((´∀`*))ヶラヶラ



モットー
「 目標が決まれば 行動が変わる
  行動が変われば 習慣が変わる
  習慣が変われば 人格が変わる
  人格が変われば 運命が変わる 」

パクりですが、ちょっとアレンジ入ってます。


自分がどうしたいか決めることって、自分を大きく変えることに繋がってる気がします。

目標って「数字」ってイメージがあるけど、いくら数字達成しても納得できないことも多いですよ。

何が本当の「目標」なのかが分かるまでが長い道のりな気がします。




このブログでの自分の目標は、
『過去をちゃんと振り返ること』です。

自分はバカでポジティブシンキングすぎるところが目立ちます。

就職だっていまだに「何とかなるっ!」って思ってるし、

多分失敗しても「これも人生っ!」って考えると思います。



でもさすがに、親にもかなり迷惑かけてるし・・・

こうなってきたのも、「今の自分があるのは、失敗してきた過去があるからだ」

って言葉が好きすぎだからだと思います。
(一応失敗はくやしくて、強いバネになってます。)



手抜いててもいいから、ちゃんといつも振り返るブログを書くこと。

多分それが自分の鍛えなきゃいけないところだと思うから・・・

とにかくがんばろー(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバード☆

Author:☆シルバード☆
大学4年で25歳
スイマー復活修行中

就活しながら気付いた事を
メモする習慣をつけるために
ブログ始めました。

少しでもためになるものが書ければな~って思います┌○"ペコ

友だちブロガーさんリンク
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
☆Click募金☆
読書記録
☆シルバード☆さんの読書メーター ☆シルバード☆の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。