***空の未来*** 《ごあいさつ》

こんにちは☆シルバード☆です(。・ω・。)ノ
大学4年(経営学部)
就活苦戦中の息抜き日記です

カッコいい大人になれるよう努力中
長く続けられるってカッコいいですよね
というわけで、リベンジがんばります!(09.8.4)

★内容★
1・遊び
2・人生観
3・就活
4・料理
★追加予定★
・未定




普通に趣味ブログですw
興味あるネタがあったら絡んで下さい(o`・ω-)b
       
  ← ☆応援よろしくお願いします☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前悔

はーい、みなさん
こんばんは

今日は久しぶりに夜泳いできたので
変なテンションでお送りしております



さてさて
みなさんは「前悔」してますか?


「前悔」ってなんじゃーって
思われる方もいるでしょうね

じゃあその反対語は?



「後悔」らしいです

後悔はよくしますよね~
先に立たないからこそ
後悔ですもんね


それを先に立たせちゃったものが
『前悔』
なわけです



これは友人との話の間で
造語として出てきた言葉だったんですが・・・
googleで検索すると
2630件も出てきました^^;


まぁでも
ちゃんと確立された言葉じゃなさそうなので
私、シルバードが広めたい
『前悔』
をご紹介します



ではまず
高校時代に戻ってください

突然ですが
今日からテストです
それも進級のかかった
期末テスト

これを落とすと落第・・・
来年もう一度同じ学年です



実はあなたは
テスト勉強を一切していません

すっかり忘れてたー笑

残念ながら
笑えるのも今だけです
数時間後には本当にテストがあります
失敗すれば友人ともサヨナラです・・・


そして無常にも時は進み
テスト開始の合図が聞こえました


山を張って暗記しまくったあなたは
テスト問題を見て愕然とします

まったく見たこともない問題・・・
1問目すらわからない・・・


そんなあなたを他所に
周りのみんなは
スラスラとペンを走らせています


そして何もできないまま
終わりを告げるチャイムが鳴り響き・・・
あなたの終わりを告げたのでした・・・








さてどうだったでしょうか
こんな状況になったら
頭は真っ白
目の前は真っ暗
もうやってられませんよね

思いっきり「後悔」するはずです



共感できたかな?

そう、
共感が出来るってことは



「後悔」は疑似体験できるんです!



え?出来なかった?
そんな賢い人は
お腹いっぱい食べてきた後に
恋人がお弁当を作ってきてくれたシーンでも
想像してください><。


まぁ、それはさておき
想像は便利で
イメージさえ順を追って考えれば
その心境に立つことが出来るんです

映画やドラマで泣けるのも
同じですよね



やるべきことがあるけど
やる気起きないな~って人

想像してみてください
それが間に合わなかった瞬間を・・・

チャンスを逃す
人から失望される
今までやってきたことがムダになる・・・etc

最悪の事態は
わりと簡単に想像できるはず


「めんどくさいな~」って思った
あの瞬間にやっていたら
どうだったか・・・



それが
『今』
ですよ



逆に「前悔」のイメージすら
出来ないってことは
今のレベルのまま進めば
ほぼ間違いなく失敗するってこと
ではないでしょうか

だって最悪の事態って
「なりたくない自分」を
想像するっていう
一番簡単なことなんですから


「なりたくない自分」って
日ごろのイヤな経験とか
あんな人間にはなりたくないっていう
自分の心を作ってる
基準みたいなもんだと思いますしねw



かくいう私も
来月の試合について「前悔」してみた結果
リレーでタイムが悪かったバージョンは
イメージできましたが

専門種目でもないのに
勝手にエントリーされた
『100mバタフライ』の
前悔が全くイメージ出来ませんでした^^;

練習でも75mで失速するからなぁ・・・
50mの長水プールなので
行きつく前におぼれたりしてw


まぁまぁ
そんなわけで
「前悔」は
使い方によっては
気を引き締められる方法かもしれないので
自分なりに使ってみてくださいな♪

私もバタフライ頑張ります^^;
スポンサーサイト

守・破・離

ふと思いついたのでメモメモ


『守破離』
という言葉があります


よく言われるのは
-----------------------------------------------------

守=まずは決められた通りの動き、つまり形を忠実に守り、

破=守で学んだ基本に自分なりの応用を加え、

離=形に囚われない自由な境地に至るというものである。

(wikipediaより抜粋)
-----------------------------------------------------
というものです

こんなの意識したことありますか?
これが意外と使えるな~って話です


どういうところで使えるかというと
『成長したい』
ときですね

スポーツでも勉強でもOKです
人生の生き方や、恋愛も・・・いけるかな?


とにかく必要なものは
「教科書」
ですね
自分に合う「教科書」が見つかれば
生き方でも恋愛でもOKです



では、使えるな~と思った方法を紹介します


『守破離』は
1、守って
2、オリジナリティを混ぜて
3、オリジナルを作っていく

の3段階です



最重要ポイントは
『守』
です


言い換えるなら
『基礎』!!!

と言われるとピンッと来ませんか?



では問題です
「味噌汁を作ってください
だしも1からとること
材料は買いに行ってください」


分からない人も多いんじゃないでしょうか


どうしても作らなきゃいけないとしたら
どうしますか?

知らないなら調べなきゃいけませんよね



味噌汁がどんなものかは分かるとして

具って何が入ってるでしょうか?
だしのとり方は?
味噌の種類は?
作る手順は?
美味しく作るには?
安い店はどこ?


さっきから「?」がいっぱい出てきていますね

でもこれ、
実際に作ってる人には
そんなに難しいことじゃありません

たぶんお婆ちゃんとか
一瞬で作っちゃうでしょうね



さて、
ばっちりレシピを調べて
材料をそろえても
次の難関が待ち受けています


ねぎを均等に切れない
火加減の「中火」が分からない
味噌は量りで量らないといけない
などなど


「別に適当でいいじゃないかっ」
って思うかもしれませんが
美味しいものを作るのには必要なこと


火の通り具合が変わる
レシピ通りの時間や味にならない
いちいち量っていたら時間がかかる
などなど


それを乗り越えて
ようやく味噌汁が完成するのです



そうこうしてる間にお婆ちゃんなら
美味しい味噌汁に
ごはんと焼き魚
付け合せなんかも作っちゃいそうです



レベルが違いますよね

そう、

知らない皆さんはレベル「守」
お婆ちゃんはレベル「離」

なんです


そういう意味では、
お母さんは「破」ぐらいかもしれませんね
それは置いといて~



ここから言えるのは、
全てのことに対して
人は初心者であり
レベル「守」だってことです



何かを成し遂げたい!
こんなアイデアを実現したい!
海賊王にオレはなる!


何を想ってもいいです
夢を持つのは大いに結構


でも大半の人間は
「偶然その分野が得意」
なんてことはありません
腕だって伸びません

夢がでかくても凡人なんです


だからこそ
誰かに教えてもらわなきゃいけなくて(守)
それにアレンジを加えて(破)
最高のレベルに持っていく(離)

こうして夢は叶うんじゃないでしょうか


基礎を疎かにするから悪い!
とは言いませんが

今の現状に
壁を感じる
上手くいかない
もっと上を目指したい

と思うなら、
一度「守」を意識してみてはいかがでしょうか

more...

時間感覚・2

なんか詩的に書いてみたんですが、

面白いような恥ずかしいような((´∀`*))ヶラヶラ

とりあえずセンスねぇw



ってわけで、

前記事を書く前に思いついていたことを今日は書きます



時間感覚

みなさんは、どんなもんでしょうか?


ん~イメージしやすく言うなら

かつての懐かしい時代、

夏休みの「宿題」はいつ終わらせていましたか?



初日から一気に終わらせる人

計画的に進めていく人

終わり間際に焦る人

私のようにギリギリに・・・・夏休み直後に頑張る人もいます



よくサラリーマンのために使われる考え方で

・本当に必要なこと

・すぐじゃないけど必要なこと

・やってもやらなくても良いこと

・やる必要がないこと

の4つに分けて考えろってのがあります



夏休みの宿題は、

言ってみれば「与えられた仕事」です

私にとって宿題は「やる必要がないこと」に勝手に分類されていたので

このような態度になりましたけど^^;



ただ、たまーに「これはいい!!」

って思いつくことありますよね?

そういう思いつきなんかを、


いつ実行して、

どのくらい計画を立てて、

どの程度の仕上がりで、

いつまでに完成させるのか


これがその人の時間感覚に繋がってくると思います



時間は人間が刻んだ区切りです

それをどの程度意識して行動しているのか

人間の世界でよく言われる「成功」を収めたいのなら

これがコントロールできないと・・・

どころか、他人の時間までコントロールできないと

手にすることはできないものでしょうね~

(ここで言うコントロールは、強制的なものもあれば、

モチベーションを上げさせて時間短縮するようなことまで含みます)



で、最近ちょっとだけ意識してやってみたところ

「目標イメージ」がちゃんと描けていないものはムリだと思いました



例えばエントリーシート

頑張るぞー仕上げるぞー

ぐらいでは仕上がりませんでした

気付いたらニコ動見てました・・・兄貴日本に来てたんですか・・・



そこで時間制限を設けてみると・・・・・

オーバーしました

もっとココをこうして~いや、こっちの方が・・・

って感じです



なので時間制限と、目標を「完成させること」に切り替えました

こうなるとクオリティはやや下がりますが

時間内に完成するんですね~

むしろ余裕でした



そこで時間制限と目標「完成させる」は同じで、

さらにサブ目標で「前回より良いものにする」

ことに決めてから始めると・・・・・

完成時間ギリギリでクオリティはずいぶん上がりました



いやぁ・・・暇人だって言われそうだ・・・



ただ、やっぱりゴールはどこなのかってのが

しっかり決まっていないと大したものは出来ないってことですよ

夏休みの宿題も

間違えすぎたら補習があったので

一定レベルでギリギリ提出が間に合うようにやってましたしね



目標を決めたらある程度出来るって人は

その目標を上手く決めていくことで

自分の人生の時間配分をコントロールできていくかもしれませんね

時間感覚

「刻」

きざまれる時間



はるか昔の刻みは2つ


日の出と日の入


人は、動物は、生物すべては


この2つを区切りに生きた




今の人間の刻みは無限


年、月、日、時、分、秒・・・・・


刻めるだけ刻んだ




生きる無駄を省くために




そして、


空いた刻みを潰して埋める


これが人間

カラオケの上手い下手

インフルエンザで引きこもっていたときに

音楽を流しっぱなしにしていました

文章を書くようになってからってのもありますが

ある時からや~っと

音楽の「歌詞」が聞き取れるようになりました^^;



もちろん、

歌を聴いているときに日本語も聞こえるんですが

ボーカルの声も一つの楽器として

全体が奏でる曲として

今まで聴いていました


ほんとね~

「ありえへん」とか

「曲聴く資格ないわっ!!」とか

言われてきましたけど

やっと一人前のリスナーになれたんでしょうかw



さてさて、

本題のカラオケですが

☆シルバード☆はカラオケが下手です^^;


中学の2年ぐらいのときにカラオケデビューしましたが

当時なんて歌詞聞き取れないどころか

ロクに自分から音楽を聴こうとしなかったので

カラオケで歌いたい曲もなく苦手でした



こりゃまずいってことで

友人が大ファンだったGL○Yを聴きまくって

息継ぎのタイミングも、歌詞にない「WOW WOW~」なんかも

完璧に覚えた曲が何曲かできました


お陰でG○AYだけは上手いって言われるんです・・・


で、

大学で友人に年齢詐称してたりするので(これは後日書きます^^;)

コブクロやバンプとかを覚えにかかってるんですが

声が全然違う・・・


歌ってみると違和感が酷いんです


ある友人に

「癒されへんコブクロやなぁ~」って言われて凹みましたww


そう、

GLA○に始まり、B'○、ラ○クなどなど・・・・

しかも激しい曲ばっかりを練習してたせいで

歌い方が違うんです・・・・


たぶんコブクロとかも聴きこんで真似の練習すれば

上手くなるんでしょうけど

それじゃ根本的に違うんだろうな~って思ってました





で、やっと「歌詞」に気づきましたよww



私にとって楽器でしかなかった

ボーカルというパートですが



「歌詞」のイメージに合った『声音』めっちゃ大事です!



歌好きな人はだいたい「歌詞」を読んで共感しますよね

共感するってことは、

過去の体験や記憶が「歌詞」からイメージできるんです



作詞をしているボーカルは特に

自分の「歌詞」を歌うとき、イメージしながら歌ってるはず


感情を乗せた「声音」は、歌詞に説得力を加えます


歌詞に共感した人が、想いの入った「声音」を聴くから

感動して泣く人までいるんでしょうね



ってことはですよ?

歌を歌うときには「歌詞」に想いを乗せて歌うべきなんです


「は?出来るわけないやん」

って人も大丈夫。

それが簡単に出来たらプロですからww


ただやっぱり

カラオケ行って上手いな~って思う人は

その歌詞についても詳しかったりします


むしろ(聞くんじゃなかった・・・)ってぐらい

熱く語ってくれたりします・・・・・



たしかにボーカルの真似を完璧にするのも

上手く聞かせるコツではあると思います


でも本当に楽しむなら

きっと「想いを乗せて歌う」方がいいんでしょうね~



想いの入った声音は全然違います

就活で面接をしてくれる面接官は

何百という「声音」を聞いてきているわけですから・・・・・


最終面接の突破口はこういうところに

あるのかもしれませんね~
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバード☆

Author:☆シルバード☆
大学4年で25歳
スイマー復活修行中

就活しながら気付いた事を
メモする習慣をつけるために
ブログ始めました。

少しでもためになるものが書ければな~って思います┌○"ペコ

友だちブロガーさんリンク
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
☆Click募金☆
読書記録
☆シルバード☆さんの読書メーター ☆シルバード☆の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。